ママゴン

| HOME | Self-Help Group | ママゴン |

KaRaKoRo自助グループ

からだとこころの出会いの会(KaRaKoRo)では、共通のテーマのもとに自助グループをつくり、日常的に勉強会やレポート作成に取り組んでいます。依存症や家族の問題、学校の問題などに悩む人たちが、同じ問題を抱える仲間と出会い、支え合うことで自分自身への理解を深め、より肯定的な生き方への道筋を探っています。

教育ママゴン

 私たちは、物心がついたばかりの幼児、小学校高学年、思春期の子、成人した子をもつ母親のグループ、6人のママゴンです。
 ママゴンの子供達は不登校、暴力、いじめ、場面かん黙、頻尿、チックなどたくさんの問題をかかえています。ママゴンはその問題に親としてきちんと向き合えているのだろうか?そんな気持をみつめるために「ママゴンミーティング」を重ねてきました。
 自助グループのミーティングは言いっ放し、聴きっ放しがルールですが、なかなかそれが出来ずミーティングでもママゴンぶりを発起してお節介なアドバイスをしたり、メンバーの話を強引に自分の話にひきつけたりと今も時々混乱をひきおきしています。
 子どもは子ども、自分は自分ときちんと線を引いて考えられないのと同じ様に、ママゴンは人との関係も線を引いて考えられないのです。
 グループの勉強としては、「子どもをありのまま認めるとは・・」「高度経済成長と核家族」「家父長制」「子どもを育てる社会的父性」「感じる脳はどこにある」など“母と子育て”にまつわる問題をみてきました。
 「親に子どもはすくえない」、「家族以外の人に助けてもらう経験が大事」とからころ会代表の松井さんはいいます。
 親は、自分の力で子どもをなんとかしてやろうなどという気持は諦めないといけないのです。親に出来ることは、子どもと距離をとり、思い通りにはいかないその子の生き方を認めることが求められています。
 最近少しづつ分かってきたことですが、私達にとって大切なことは、私達が教育ママゴンを脱し、自分の人生を生きることです。
私たちは、互いに支えあいながら、自分の人生を生きようとする仲間になろうとしています。

LinkIconHOME

Karakoro Stage

Karakoro Expedition

Self-Help Group

Camp & Workshop

決算公告

Link